日本脊髄外科学会

本学会について
手術研修制度
English
脊椎脊髄外科専門医委員会
日本脳神経外科学会ホームページNeurospineJSTAGE

ニューロスパイン手術研修制度

ニューロスパイン手術研修制度

1:目的

脊椎脊髄外科は脳神経外科学の重要な分野のひとつですが、脳神経外科専門研修制度の基幹施設においても脊椎脊髄外科を十分に経験できない場合があります。ニューロスパイン手術研修制度は、煩雑な手続きなしで脊椎脊髄外科を経験できる機会を学会員に提供することを目的としています。

2:制度概要

本制度は研修希望者に研修施設と指導医を煩雑な手続きなしで紹介することが目的であり、研修の内容や頻度(単回あるいは一定期間の研修など)、研修の継続・中止・終了については研修参加者と指導医の間で決定されるものとします。これらについて学会は関与致しません。

研修参加者は、それぞれの施設の規約や指導医の指示に従い、許された範囲内での活動していただく必要があります。研修を希望する場合には、この制約を受け入れること、これに反して問題が生じた場合には個人でその責任を負うことについての誓約書を学会事務局に提出していただきます。

3:制度開始時期

2021年3月1日

但し、COVID-19の感染の状況によっては延期・中止する可能性があり、その場合にはホームページで告知します。

4:手続きについて

  • 日本脊髄外科学会は、認定指導医が所属する施設のうち研修受け入れ可能な施設を定期的に募集し、学会ホームページ上に公開する。
  • 研修を希望する学会員は、ホームページから研修申込書をダウンロードして学会事務局に提出する。
  • 学会事務局が研修施設の指導医に研修希望者の連絡先を伝える。
  • 指導医が研修希望者に連絡を取り、具体的な研修内容を相談して受け入れの可否を判断する。
  • 受け入れ可能と判断された場合、研修希望者は学会ホームページから研修誓約書をダウンロードし、署名して学会に提出する。
  • 事務局からメールで誓約書のコピーを研修施設に送ることで手続きを完了とし、研修を開始する。

*原則として研修者への報酬はありません。また、交通費、宿泊費など研修にかかる費用は研修者の負担になります。尚、長期研修となる場合は研修者と当該施設間の取り決めにより、当該施設の就労規則に応じた研修者への報酬が支給されることもありますが、当学会の関与はありません。

5:研修施設

第1回の研修施設の募集は2020年10月末で締め切り、29施設で研修が可能となりました(別表を参照)。今後、第2回の募集を行う予定です。

6:本制度へのご意見

本制度は初めての試みであり、いろいろな問題が生じることが予想されます。より良い制度にするために、研修を受けた先生や指導医の先生からのご意見やご感想を事務局までお送りください。

7:連絡先

一般社団法人日本脊髄外科学会事務局
メールアドレス:nsj@convex.co.jp

QR
生涯教育委員会委員長  乾 敏彦
広報委員会委員長 佐々木 学
理事長   金 彪
Page Top