日本脊髄外科学会

研修医の方へ
学会員の方へ
English
脊椎脊髄外科専門医委員会
日本脳神経外科学会ホームページNeurospine

末梢神経障害による手足のシビレ

末梢神経障害による手足のシビレ

手のしびれ、痛み
  1. 手根管症候群
  2. 肘部管症候群
腰~おしりの痛み
  1. 上殿皮神経障害
  2. 梨状筋症候群
足のしびれ、痛み
  1. 腓骨神経障害
  2. 足根管症候群

手足にいく神経は、脳から背骨の中をとおり、末梢神経として手足に繋がります。神経は、脳からの指令を電気信号のようなもので手足に伝えたり、手足の感覚をやはり電気信号のようなもので脳へ伝える仕事をしています。背骨からでたあとの神経を末梢神経といいますが、これは脳や脊髄と違って骨で守られていないため、手足の動きや筋肉などによって痛みやすいことが知られています。このようなものを末梢神経障害といいます。つまり、手足のしびれの原因で最も多いのは、脳や背骨の病気ではなく、この末梢神経障害によるものです。
末梢神経は、手足にいく途中に<関所>のような狭いトンネルを通りますが、そこで障害されることで、ビリビリとしたしびれや痛み、手足の動きづらさを起こします。このような病気は、MRIやCTなどの検査では見つけることができず、神経を専門とする医師が診察することで病気を見つけることになります。
症状が強いと手術も行いますが、脳や背骨の手術と比べ、低侵襲に体への負担の少ない手術が行える利点があります。主な症状はしびれや痛みですが、病気によっては、手足が麻痺することもあるため、専門の医師に診てもらうことをお勧めします。

出典
『シビレを感じたら読む本』(橘滋国 著。講談社ブルーバックス)
出典
『超入門。手術で治すしびれと痛み』(井須豊彦、金景成 編著。メディカ出版)
出典
『触れてわかる腰痛診療』(井須豊彦、金景成、編著。中外医学社)
Page Top